ペーパーランタンでお絵描き教室⁉

地元の保育所で絵の描き方を教えてきました。毎回のことですが、子供達のパワーに圧倒される
まず私が5年前に、半年もかけて悩みに悩み、練りに練って作った紙芝居を読み聞かせ担当の郵便局
長さんがご披露。子供達の後ろで紙芝居を見ていると、苦労した甲斐あって、我ながら傑作だなあ〜
と自己満足。
紙芝居に続いて、いよいよ私イッコー画伯(?)の登場。紙芝居の主人公「まいぴぃ」のお手本を描きなが
ら子供達に描き順を教える。子供達から上手い❗️似てる❗️と言われてツイうれしくなる画伯であった。
今回もLEDランタンに「まいぴぃ」を描いてもらいました。出来上がった作品は平成28年9月24日(土)~25日
(日)、広島県安芸高田市美土里町の神楽門前湯治村で開催される「米舞まつり」の会場内にて展示されます。

mini_IMG_1898
mini_IMG_1852mini_IMG_1855mini_IMG_1867
mini_IMG_1878mini_IMG_1880

手作りビール体験&燻製作り体験

国営備北丘陵公園の備北オートビレッジのコテージやキャンプ場に宿泊される方々を対象に、手作りによるビールと燻製の作り方をレクチャーする体験講座を7/29(金)と8/2(金)に開催いたします。
詳しくは備北オートビレッジ 電話(0824)72-8800 までお問い合わせください。

手作りビール_チラシ02

住宅展示場エコスで「ハーブのミニ花かごを作ろう!」を開催しました!!

8/21(日)に広島市西区商工センターにある住宅展示場「エコス」で、やまなみ大学講師の上川さんによる「ハーブのミニ花かごを作ろう!」を開催しました。朝から大雨で注意報も出たため参加者の皆さんが会場に来られるか?と心配しましたが、教室は沢山の親子連れで大盛況。講座が始まると雨もやみ、1時間余りでとってもかわいい花かごが完成するころには日も差してきました。夏休みも後半になり工作の宿題ができたと子供たちは大喜び。

P1050092.JPGP1050058.JPGP1050101.JPG

住宅展示場エコスで「古布うちわを作ろう!」を開催しました!!

8/7(日)に広島市西区商工センターにある住宅展示場「エコス」で、やまなみ大学講師の盛さんによる「古布うちわを作ろう!」を開催しました。晴天にも恵まれ海が見渡せる教室は沢山の夏休みの親子連れで大盛況。1時間余りでとってもかわいいミニうちわが完成。

P1050015.JPGP1050003.JPGP1040988.JPG

次回は8/21(日)に「ハーブのミニ花かごを作ろう!」を開催いたします。参加は無料ですが、事前申し込みが不必要です。
ご希望者は①イベント名②希望日時③代表者のお名前・電話番号④同伴者全員のお名前と代表者との続柄をご記入の上、エコスセンターハウスへお申し込みください。
■エコスセンターハウス Tel(082)942‐3288 メールecos2009@chushinko.co.jp

エコスの夏休み工作プロジェクト!

やまなみ大学の講師が8/7(日)、8/21(日)に広島市西区商工センターにある住宅展示場「エコス」で出張講座をします。夏休みの工作の宿題はこれで決まり?!しかも参加は無料です!!
希望者は①イベント名②希望日時③代表者のお名前・電話番号④同伴者全員のお名前と代表者との続柄をご記入の上、エコスセンターハウスへお申し込みください。
■エコスセンターハウス Tel(082)942‐3288 メールecos2009@chushinko.co.jp

エコス工作プジェクト5段.jpg

比婆山神話めぐり「古事記への路」モニターツアー

「故、その神避りまして伊邪那美命は出雲国と伯耆国との境、比婆之山に葬しまつりき」と古事記に記されており、比婆山は伊邪那美命の御陵のある山として古来より信仰を集めています。

その「古事記への路」入口の別所(べっそ)から広島県天然記念物の熊野神社の老杉群、那智の滝を通って比婆山御陵へ向かう1泊2日のコースです。

紅葉の秋で森の息吹に癒されながら、古事記への路を歩きませんか。

比婆チラシ表 比婆チラシ裏

■内容
(1日目)・広島駅新韓瀬口 → 庄原IC → 西城市内(昼食) → 「古事記への路」別所…田鋤… 別路 … 六地蔵 … 不寒原 … 力石 … 熊野神社 … 那智の滝 → ひろしま県民の森(宿泊)
(2日目)・県民の森 → 竜王山 … 千引岩 … 池の段 … 門栂 … 比婆山御陵(昼食)… 太鼓岩 … 産子の岩戸 … 烏帽子山を経由しブナの純林を通って県民の森へ帰るまでの
■実施日:平成21年10月29日(木)~30日(金)
■参加費:15,000円
■定員:10名
■最低催行人員:5名
■出発:広島駅新幹線口
■宿泊:ひろしま県民の森
■お問合せ・お申込:たび~と・ホープバス協同組合
電話0826‐82‐7008(山県郡北広島町大朝2487)
■持ってくるもの:運動のできる靴・服装でお越しください。リュック(ザック)・水筒・カッパ(雨具)・帽子・タオルなど。
【ツアーの目的】
やまなみ大学庄原キャンパスの活動エリア内には、たくさんの魅力的な資源がありますが、まだ、その資源が広く皆様に認知されていません。やまなみ大学庄では過去そんな魅力的な資源を掘り起こしたり、出来る限り紹介してきましたが、一つ一つでは小さな力でも、個々の資源を繋ぐことで魅力的で付加価値の高い資源にすることが出来ると考えています。この度、広島県の支援を頂き、庄原の資源を掘り起こし、繋ぎ、モニターツアーとしました。参加いただいた皆様のご意見をお聞きしながら、着地型ツアーを一つの資源に、これからの中山間地域の活力の創造に生かしていくことを目的にしています。

平成21年度やまなみ大学北広島キャンパスミニキャンパス祭in わさまち」開催

平成21年4月29日、北広島町大朝で200年近く続く、春の大祭「わさまち」が好天の中、約4千500人の観衆が集まり大盛況。今年は昨年以上に楽しい催し物や周辺地域の団体などの参加し、「みんなが元気になるお祭り」の合言葉通り、実行委員会や商工会青年部の皆さんの努力が報われ、若者はもちろん子供達からお年寄りまでが楽しんでいる姿がたくさん見えました。
天気は良かったものの、風は少し冷たく、水はもっと冷たい中でも、子ども達は川の中で山女のつかみ取りに歓声をあげ、ステージでは銭太鼓、子ども神楽、バンド演奏などがお祭りを盛り上げてくれました。
北広島町社会福祉センターの中で開催したやまなみ大学北広島キャンパスの「ミニキャンパス祭」は、羊毛の不思議体験、繭の起き上がりこぼし、手づくりヘリコプター、粘土のお花づくり体験を子どもたちやお母さん達が楽しんでおられました。また、安田女子大学の学生のお手伝いや、昨年度、NPOやまなみ大学が開催した田舎交流会に参加していただいた、田舎暮らし希望者も2名がボランティアでお手伝いにわざわざ広島から駆けつけてくれました。やまなみ大学の地道な取り組みが少しずつ広がりを見せているのを実感します。

P1030055-2.JPGP1090173-2.JPGP1030111-2.JPG

P1090206-2.JPGP1090202-2.JPGP1090182-2.JPG

P1090203-2.JPGP1090195-2.JPGP1030082-2.JPG

やまなみ大学の学生制度が変わります

平成21年4月より、やまなみ大学の学生制度が新たな仕組みでスタートします。

《新たな学生制度の仕組み》

1.学生(Eメール会員)の登録
 ■やまなみ大学のホームページからメールアドレスを登録すると、講座や滞在型体験交流ツアーの情報をメールでお届けします。
 ※平成21年4月1日より学生登録受付を開始します。(現在は受付けていません。)

2.協賛店の割引特典
 ■ホームページから学生証の画像をダウンロードし,協賛店で呈示すると,割引特典が受けられます。
 ※平成21年4月1日より学生証の画像ダウンロードを開始します。(現在はダウンロードできません。)

 ■パソコンを利用されない方は,新しく発行する「中国山地やまなみ大学ガイドブック」を協賛店で呈示すると,同じく割引特典が受けられます。(夢ぷらざ等で配布予定です。)
 ※平成21年4月1日以降の配布を予定しております。(現在は配布しておりません。)

《注意》
※「学生表彰」制度は,平成21年3月末をもって終了します。
※現在お持ちの学生証は平成21年3月末をもってご利用できなくなります。

《お問い合わせ》
やまなみ大学本部事務局
(NPO法人やまなみ大学地域自立支援センター内):0826-59-2055

やまなみ大学ホームページURLhttp://www.univ-yamanami.jp/student/

レベルアップ研修会を開催しました

やまなみ大学安芸高田キャンパスで「体験プログラムづくりと安全対策について」のレベルアップ研修会を開催しました。先ずは研修会の前に腹ごしらえも兼ねてのピザ体験。粉をこねて発酵をさせ生地をのばす。生地を空中でクルクル回せるようになる人はいませんでしたが(そういう講座ではない)食べ物を作ると言うチカラなのか?会場は和気あいあいムード。
トッピングはシャケとシーチキンの2種類。
生地が出来上がったら、よいよビザ窯で焼きます。電子オーブンだと7~8分もかかるけど窯だと2~3分で焼きあがる。シャケとシーチキン、どちらもの味も大評判。それと水車でコットンコットンついて精米したお米で作ったオニギリ。こちらも大好評でした。食べている時は誰でも幸せな顔。

IMG_8431.JPGIMG_8532.JPGIMG_8574.JPG

お腹も落ち着いたところで、メインの研修会が始まりました。講師の宍戸先生ご自身がこれまで実践された体験講座の豊富な経験の中で起こった失敗談を交えながら、テキスト本にそった話は非常にわかりやすい。特に安全対策については実際にあった事故を例にあげ、その具体的な対策についての話は聞いていて、子どもの体験講座では、そこまで気をつけないといけないのかと今まで安易に講座をやっていたことを反省しました。

最初から最後まで講師の宍戸先生の話術に引き込まれあっという間の2時間でした。

休憩をはさんで農林漁業体験民宿の手続きについて、県の下瀬さんより説明がありました。まだ始まったばかりの制度のため、今後も勉強は必要であると感じました。最後に講師の宍戸先生や下瀬さんへの質疑応答があり研修会は終了しました。
散会後に鶴学園の施設を見学してすべてが終了。

IMG_8602.JPGIMG_8603.JPGPICT2895.JPG

早春の田舎体験ツアー

早春の田舎体験ツアー

三次市作木で5百年の歴史・伝説を伝える茅葺屋根の庄屋屋敷「殿敷」での豆腐づくり体験。

君田温泉で旅の疲れをいやし、「みわ物産館375」で地元の素材中心の夕食。体験宿泊施設「みわの里」に移動し、IターンUターンして田舎暮らしを楽しんでいる方々との交流。

翌日は、三次市三和町のお母さんグループ指導の下、山野草を摘んで田舎料理と草もち作りに挑戦。

さらに、帰り道の安芸高田市向原の「ミツマタの里」や「カタクリの里」を巡ります。気候にもよりますが可憐な花に出会えるかも。お得で味わい深い早春の田舎をまるごと体験する1泊2日の体験ツアーです。

田舎暮らしをお考えの方には、田舎を体験する絶好のチャンスでもあります。



■実施日:3月14日(土)~15日(日)の1泊2日
■実施場所:三次市~安芸高田市
■集合:広島駅新幹線口
■定員:20名
■参加費:12,800円(宿泊は研修施設となりますので男女別の相部屋となりますのでご了承ください)
■内容:早春の田舎体験と君田温泉入湯。茅葺民家体験、豆腐手作り体験、山野草摘みと田舎料理・草もち作り体験、田舎人との交流、そして、向原ミツマタの里・カタクリの里見学
■お申込み・お問い合せ:たび~と・ホープバス協同組合 電話:0826-82-7008