三次地域資源発掘PJ企画「三次お堂巡り御朱印帳企画」スタート。

やまなみ大学三次キャンパスで取り組んできた、三次地域資源発掘PJの新企画「三次お堂巡り御朱印帳企画」スタートしました。三次地域資源発掘PJが過去数年にまたって調査してきた三次の「堂さん文化」。その「堂さん」を地域づくりに活用するための一つの試みとしてこの企画を立ち上げました。三次市内の200を超えるお堂の中から、地理的な条件や貴重性、物語の面白さなどを勘案し、8か所のお堂を選定。それぞれのお堂にこの度新たに作った御朱印を設置し、8堂を巡っていただき御朱印を集めていただこうという企画。御朱印帳は市役所や支所、図書館、市民ホールなどの他、三次市の産直市場やワイナリーをはじめとしたや観光施設等で無料で配布。三次南部ののどかな田園地域とお堂を巡る物語を味わっていただき、このお堂文化を少しでも知っていただけたら、企画した一人としてうれしいし、地域の人々も少しは地域の文化に誇りが持てるのではないかと思う。ちょうど一日で回れるくらいなので、これからの花見と合わせて回って見られるといいのではないかと思うのです。

三次市の南部地域一体に残る「お堂さん文化」は地域にとって忘れてはいけないものではないかと思うし、これから再び地域を見直したりするときのツールとして、また地域資源として活用することも可能なのではないかと思う。そこでこの度、三次市と当該地域でお堂を守ってきた方々と一緒に「三次お堂巡り御朱印企画」を立ち上げた次第です。

お堂巡り用のガイドブック。マップと堂さん文化の紹介、八つのお堂の説明のほか応募はがきが付いている。
御朱印帳。御朱印を押したものです。
ガイドブックと御朱印帳はセットにして市役所、支所、観光施設等で無料配布。
御朱印はこのような箱に入れてお堂に設置してあります。皆さんが利用されますので、丁寧に扱ってください。押印したら、元のように箱にしまい、きちっとふたを閉めていくださいね。
ガイドブックにはお堂巡り御朱印応募ハガキも付いていますので、応募要項を読み、応募ハガキにも押印しておいてください。たいしたものではないのですが、三次のちょっと面白い(?)記念品が抽選で当たりますよ。