三次お堂巡り御朱印企画、取材続々。

三次市のお堂群とお堂巡り御朱印企画が好評です。広島県ではあまり馴染みがなくお堂が日本でも有数の現存地であることを多くの広島県人は知らない。特に県庁所在地で広島県の中心広島市界隈には文化の違いか、お堂なるものが少ないので広島とお堂はなかなか結び付かないようです。多くの広島人はお堂と聞けば四国や奈良京都をなんとなく連想するくらいです。ところが、過去記事を見ていただければわかると思いますが、広島県は全国でも有数のお堂文化を持っています。県内には推定500堂宇。今回「お堂巡り御朱印企画」を実施している三次市内だけでも200以上のお堂が現存している事実を三次市民すら、ほとんど知りませ。お堂のある地域の方々にしても、昔からなんとなくあるもので、いつから何のためにあるかさえ知らないことが多いのです。今回、三次市と三次の地域の皆さんとで協力し、地域のお堂文化を地域の宝として再評価し多くの方々に知っていただこうと企画し実施している「三次お堂巡り御朱印企画」が、各方面から注目されています。朝日新聞、中国新聞、地元メディア三次ピオネット、そして来週放送される広島ホームテレビのJステーションと、立て続けに取材を受けました。おかげさまというか大変な反響を頂き、肝心の御朱印セットが数少なくなってきています。関心のある方は、私どもNPO(電話0826-59-2055)か三次市役所交流観光課にお問い合わせください。今後の反響次第では増刷も考えないといけないかもしれません・・・。写真はホームテレビJステーションの取材風景。

ホームテレビJステーションの放送は6月27日(月)PM5:30前後より